本文へスキップ

私irontail88が空冷VWを整備・改造等をした際の記録です。

総LED化ⅠallLED

総LED化と言っても特に難しくはありません。全部の電球をLEDに替えればいいんです!
簡単でしょ?^^; では以下に、その詳細をば…
イカリングに関しては、Headlightsのページを参照下さい。
ライセンスランプ・ルームランプ・メーター周り等に関しては、総LED化Ⅱのページを参照下さい。

Fフラッシャー

(2006年3月頃~11月頃の内容の再編集記事です)
T-1 '75以降のFバンパーに内臓されている、フロントのフラッシャーです。
これは完全に自作システムの LEDスモール&フラッシャーランプ です。
HIDにした為に(正確にはスモール無しのヘッドライトレンズにした為)、
スモールランプをバンパー内のフラッシャーランプと兼用せざるを得なくなったが為(スペース等の問題)の改造です。
でもこれは保安基準に抵触する事が判明しましたので、後に改良済みです。
もちろんイカリング付きのヘッドランプユニットに変えたからと言うのも理由の一つですね。
しかしながら基本的にはこの基板を流用しているのでこのままご照会致します。

パーツ達 LED整列 片側完成 火災w 激光

今回使用したのは白色の20000mcdと橙色の16000mcdの5mm砲弾型LEDです。
基板は市販汎用品を希望の大きさに切って削るしかありません。
出来るだけ大量のLEDを並べられるように工夫するのがポイントです。
更に、固定方法もスマートに行くように考えながらやれればGOOD!!
そしてLEDは綺麗にキチンと整列させましょう。ちょっとでも傾くと光の照射方向が…
LEDは直列に並べられる数に限界があります。
だからある程度の個数の組で並列に増やしていきます。
この回路も考慮しつつ基板サイズを決定するんです。
ちなみに下に並んでいるのはCRDです。私は安い抵抗は使いたくないなぁ…
白4列・橙5列の合計9列で36個のLEDと18個のCRDです。で、いざテスト点灯!
燃えているわけではありません。何とかして明るさを伝えたかったのですが…
白色は、これだけ明るいと文句なしでスモールランプに使えますね♪

ICフラッシャーリレー 純正フラッシャーリレー フラッシャーリレーの位置 平型金具 通常電球

フラッシャーのLED化には必需品のICデジタルウインカーリレーです。
電気負荷が極端に減る為に誤作動(いわゆるハイフラ)する為の対策品みたいな物です。
純正のウインカー(フラッシャー)リレーは車種・年式で違いはあるけれどこれが一般的。
万一を考えて予備として寄せておきましょう。
そのフラッシャーリレーはだいたい画像の赤矢印の所にあります。(車種・年式にもよる)
あくまでも車両側無加工に拘る為、配線もこんな風にして差し込むだけにしました。
ちなみに金色の長い端子でないと届かなかったので、せっかく付けたのに組み替えしました。
さていよいよ装着!とその前に… 今まではクリアーレンズにこの橙の電球を使っていました

ただ嵌めるだけ 左右比較画像 ナナメもバッチリ 完成 イメチェン完了

電球を取り外しますが、仮に元に戻す時はまた電球を挿せばいいように車両側は無加工に拘ります。
だから基板の装着もただ挟み込むだけです。簡単シンプルですが、間違い無いですよね!
ただ、配線だけはちょこちょこっとハンダ付けが必要でした。
と言う事で完成!もちろん反対側も同じ作業で…
スモールランプ、ちょっと明るすぎたかな?と思うくらいで上出来です♪20000mcdだとこんなにも明るいんですね!
拡散しないLEDを使ったわりには、斜め方向でもこのくらい明るく光ります。レンズってこういう意味で重要なんですね。
右側はフラッシャーで、左側がスモール点灯時の画像です。
例によって赤く見えていますが、実際はオレンジ色に光ってます。これなら保安基準問題ナシです。
と言うわけでめでたくフロント周りのイメージチェンジが終了致しました。
個人的には橙色(レンズ等)って車には似合わないと思うんですが、どうでしょう?

スモールランプとフラッシャーランプを兼用したと書きましたが、
画像では理解に苦しむと思います。動画でご確認下さい。
イカリング&HIDヘッドライトの動画もあるので、そちらもあわせてご覧になって下さいませ。
(ただ、上記の兼用…は保安基準違反になるので改良されました。)
←そういえば気になる日中の光り具合ですが、ご覧の通りです。余裕でしょ? 日中の光り具合

橙色一色に… 改良後

さて、保安基準に抵触する事が判明しましたので、後に改良済みです。
と書いておりましたが、その改良がこちら↑の2枚になります。(画像クリックで拡大表示されます。↑)
簡単に言うと、スモールランプはイカリングに完全に任せて、Fバンパー内はフラッシャーのみ!という事です。
ですので、白色のLEDを全て橙色LEDに付け替えて、切替え装置は廃止しました。

サイドマーカー

(2006年5月頃~11月頃の内容の再編集記事です)
さて、今度はサイドマーカーです。いわゆる提灯マーカーって奴ですね。
T-1 '75年以降は、FのフラッシャーがFバンパーに内臓されちゃったので、ナナメ後方からの視認性が問題ありですよね?
ですのでFのクォーターパネルに日本国内で後付けされたのがこのマーカーです。
実はこの電球、ルームランプと同じだって知ってました?^^;

サイドマーカー試作?品 試作品の光り方 試作品でも夜は… 最終的には3発 これでオッケー

最初はウェッジ球2個並べてたんですが、ウェッジタイプのLED球にしたらレンズに当たっちゃいまして…
それでルームランプを作った経験を活かして色々試行錯誤をしておりました。
電球サイズはルームランプと同じだし、装着はただ挟むだけですから!
で、日中でもそれなりに光ってくれてはおりましたが、強い直射日光下ではちょっと頼りない光り方で…
周りが暗いとフロント同様に堂々の光り方ってカンジなのですがね^^;
と言う事で横向きにも光りを放つように、Fluxを追加したりもしましたが、
最終的には強力なPowerFluxが登場したので、たった3発でOKだったと言う…

Rフラッシャー

(2006年7月頃~9月頃の内容の再編集記事です)
と言う事でサイドマーカーもOKですので、残るフラッシャーはテールのみです!
一番レンズ面積が大きい部分ですので、かなり気を遣いました。当然のように試行錯誤を繰り返しまして…^^;

ロボット?

最初はこんなイカツイ形の物を作ったんです。→
あくまでも車両側無加工に拘ったが為に、バルブ交換タイプに執着した結果でした。
でもこんなんでは光量も照明部の面積も基準を満たす事は出来ず…
即刻バラされて部品取りになりました(汗)

と言う事で、パワーアップさせた新バージョンがコレ↓です

パーツ達 メッキ調スプレー 整列 テスト点灯 左右共完成

今回の使用パーツ達です。レンズが大きいからパーツも多く必要です。
相変わらずの激光のLEDとCRDです。もうこれ以外は考えられません。
そしてレンズにあわせてこんな形にカットします。
さらに今回からは基板を反射に活用するべくメッキ調スプレーでギラギラにしました!
で、二枚をドッキングさせます。チョットずれているのはご愛嬌と言う事で^^;
いざテスト点灯です。20000mcdのLEDを84灯も使ったんだからこうでなくっちゃ。
ただ、上面を照らすLEDのほうが多かったので、ちょっと心配…
テスト点灯も無事終了したので、ソケットを繋げて完成です。

ただ入れるだけ 一応絶縁 点灯前 点灯 点灯(夜間)

この基板、レンズにはただ入れるだけです。ちょうどいい寸法に作ったのでただそれだけ。つまんない?^^;
一応絶縁をしていても不安ですので、ボール紙で絶縁を補強します。特に仕切り版が恐い…
早速車両へ取り付けます。点灯前の状態からイザ点灯すると、こんなカンジで光ってくれます。
充分通常の電球にヒケを取らない明るさでしょ♪(気になる消費電力は片側で840mAです。おおよそ10W程度?)
更に夜の点灯状態は相変わらずちょっと不気味な画像ですが、それだけ照らしてくれていると言う事でしょう♪

さて、LEDには直接関係ありませんが、ちょっと面白い事をしたのでご報告?です。
実は今のアイロン号に乗り出した頃から考えていた事なのですが、
なかなか実現できなかった事が今回ようやく完成したんです!
今までに何度となくチャレンジしてまいりましたが、どれもこれもイマイチで満足できる物ではありませんでした。
ですが今回、膨大な数のLEDを使ってリアのフラッシャーを強烈な明るさにした事で大きく事態は前進しました♪

強烈なオレンジの光と、極々薄い赤レンズ

白赤白 赤赤白

この組み合わせでのみ出来る技がコレなんです!!→
(画像クリックで拡大表示されます。→)
一部の国産車では純正採用されている方式ですが、
自作するには困難すぎました。でもようやく完成です。
真似してもらってもいいけど、レンズ作る?の大変ですよ~。
動き?が解りやすい動画もありますので、是非ご覧になって下さい。
と言うか、動画を見てもらわないと意味が解らないかと…(汗)

テール&ストップランプ

(2007年3月頃の内容の再編集記事です)
いよいよテールランプ&ストップランプのLED化です。
元々ダブル球なのとフラットではないレンズ形状の為に最後の最後まで悩んでおりましたが、ようやく完成致しました!!
安価に抵抗で済ませる事を嫌って、CRDのみでのダブル球の仕組みもクリアー♪
車両の電圧変動等による明るさの変化も無いいい物が出来たと思っています。

↑の画像クリックで複数枚拡大表示されます。

おおよそのパーツは、いつもの如くLEDとCRDとダイオードと基板と口金です。
そのLEDは綺麗に整列させます。4球ずつの組が7組で計28個!これで明るくないわけは無いですね!
あ、基板はカットした後にメッキ調スプレーで塗装してあります。
四角い基板は肝心な物です。そう!電源部です。ついに1枚の基板に収まり切らなくなって…
しかし我ながら良くやったと思います。こんな狭い基板にこれだけ押し込めるなんてもうイヤです!!
そして2枚がドッキングします。しかし狭いスペースに収める為、ギリギリです。
さあ!ここまで出来上がったら早速点灯テスト。
最初はテール点灯時で、次がブレーキ点灯時です。明るさの違いは明白でしょ?
どうせやるならこの位やらなくっちゃ!!
当たり前ですが、左右分2セット作ってあります。ココだけのお話、材料代はおおよそ¥8000!
実際にテールランプハウジングにはめてみます。この時点で当たったりしたらアウト!ですからね。
気になる取り付け方は、単なるハメコミです。あくまでも車両側無加工にこだわります。
さて、恒例の比較画像です。条件は画像に記載してあります。
見て頂ければ説明は要らないですね♪思った以上の明るさで大満足です。
日中でこれだけ光れば余裕ですね♪試運転にも出かけましたが、誰も追突して来ませんでしたよ^^;
実は今回は横向きには一切LED取り付けていません。LED自体の拡散に頼っています。でも充分ですね。
最後は、総LED化の記念に?せっかくなんで全点灯してみました。

バックアップランプ

バックアップランプですが、最初は砲弾型で作ったのですが時代はもう既にFluxタイプ…
と言う事で、改良版を作ってパワーアップさせております♪
そのFluxも、最近は信頼できる国産品があるのでとても安心です。
それに、メッキシートを採用しましたので明るさを無駄なく使用できます!
ちなみに予備知識ですが、
後退灯(バックアップランプ)の光度は5000カンデラ以下である事と、決められております。

バックアップランプ初期 バックアップランプ雷神バージョン メッキシートでキラッキラ バックアップランプ比較画像 バックアップランプまぶしい

最初のパーツ達は、激光の25000mcd砲弾型LEDを片側21発でした。
それはそれで全然問題は無かったのですが、やはりFluxの誘惑には…^^;
更に、メッキシートを使ったもんだからバックフォグか?と思う位の明るさに!
オマケにメッキの輝きのお陰でとっても綺麗にゴージャスに仕上がります♪
穴開けが非常にメンドクサイですがね。(費用対効果は絶大!)
比較画像は画像に説明文を記載してあります。
(2010年11月頃の内容の再編集記事です)

irontail88 ♂

秋田県秋田市 Birth1974.2.22

自動車整備士
空冷暦は軽~く20年OVER
酒飲み部隊所属
LET'SPLAYVWsvol29にエッセイで登場(STREET VWsでもちょっとだけ…)
今現在の愛車ですが、'88メキビーでアイロンテールに変更している事からirontail88と言うHNになりました。
(注:'88でアイロンテールは正式には存在致しません。バケアイロンです。)
ヤフオクirontail88で細々と出品中